top of page
  • mailadm9

【真夏の車内に絶対に残してはいけない危険なアイテムとは?】|所沢市 吉田自動車



こんにちは!吉田自動車の広報担当です!


夏が近づくと、車内の温度が急上昇しますよね⤴

エアコンをつけないと車内はサウナのように... > <


これからの暑い季節を安全に過ごすため

車内に残してはいけないアイテムについてお話していきます!


 

check✔

(クリックすると吉田自動車にできることがありますので是非ご覧ください)



 

第一部:車内に残してはいけないアイテム


〇アルコール消毒液


新型コロナウイルスの影響で、消毒は日常の一部となりました。

アルコール消毒液を車内に常備するのは危険です。


高温になると、アルコールが蒸発しやすくなり、車内に充満する可能性があります。これは非常に危険で、静電気や火の気が引火の原因となることがあります。


(※消毒液はカバンに入れて持ち運ぶようにしましょう)



〇スプレー缶


虫よけスプレー、消臭スプレー、冷却スプレー

油膜取りスプレー、ヘアスプレーなど

多くのスプレー缶にはLPガスが含まれています。

高温になると、スプレー缶は爆発する恐れがあります!!!!!


万が一車内で爆発が起こると、窓ガラスが粉々になるほどの

威力がありますので、絶対に放置しないようにしましょう⚠



〇ガス式のライター

実験では、炎天下のダッシュボードに置かれたライターが

2時間ほどで亀裂が入り、ガスが抜けた結果が報告されています。

ライターが車内に残っていないか、確認することが大切です!



〇電子機器(ノートパソコン、携帯電話)

これらのデバイスはリチウム電池を使用しており、

高温になると保護回路が壊れ、バッテリーが膨張する可能性があります。

これにより、発熱、破裂、発火のリスクが高まります。


特に、スマートフォンは動作温度や保管温度が20度~45度程度に設定されていますが、真夏の車内は50度を超えることがあり、本体故障やバッテリー損傷の原因となります。

(※車内に置き忘れないようにしましょう)



〇未開栓の炭酸飲料の缶・ペットボトル


高温になると、炭酸ガスによる内圧が上昇し、容器が破裂する危険性があります。破裂すると、液体が飛び散り、車内がベタベタになるだけでなく、掃除も大変ですよね、、、お気を付けください!



第二部:暑い車内に放置すると危険な理由



〇車内温度の急上昇

外気温が30度の場合でも、車内は30分で50度以上に達することがあります。

特に、密閉された空間である車内では、熱が逃げることがなく、温度がさらに上昇しやすくなります X_X



〇化学物質の危険性

アルコール消毒液の場合、高温によって揮発したアルコールが車内に充満し、火種があれば簡単に引火します。同様に、スプレー缶も高温により内部圧力が上昇し、爆発の危険があります。これらの物質は非常に便利ですが、適切に管理しなければ大変な事故を引き起こす可能性があります!!!



〇電子機器の損傷

ノートパソコンや携帯電話などのデバイスに搭載されているリチウムイオン電池は、高温によって膨張し、最悪の場合、発火することがあります。電子機器は通常、動作温度や保管温度を超えると保護回路が機能しなくなります。車内の高温環境では、これらの機器が正常に動作しなくなるだけでなく、安全性も大きく損なわれます O_O



〇食品の腐敗

お弁当や飲み物などの食品も、高温の車内に放置するとすぐに腐敗が進みます。特に、お弁当のような調理済みの食品は、カビや細菌が繁殖しやすく、食中毒のリスクが高まります*_*



第三部:車内にアイテムを残さないための対策


1. 車内を整理整頓する習慣をつける

まず、車内を常に整理整頓すること☝

必要な物だけを車内に持ち込み、不要な物はこまめに持ち出すように心がけましょう!



2. 専用の収納グッズを活用する

例えば、後部座席のシートポケットやトランクオーガナイザーなどを活用することで、アイテムを見やすく収納できます!また、消毒液やスプレー缶などの危険物は、耐熱性のあるポーチに入れて管理することをおすすめします☆彡



3. 貴重品や電子機器は必ず持ち出す

貴重品や電子機器は、車内に残さず必ず持ち出す習慣をつけましょう。特に、ノートパソコンやスマートフォンは高温に弱いため、長時間車内に放置すると故障の原因となります -0-



4. 車内温度を下げる工夫

例えば、サンシェードを使用することで直射日光を防ぎ、車内温度の上昇を抑えることができます。他には、窓を少し開けて通気を良くし、駐車する際はできるだけ日陰を選ぶことも効果的です ψ(._. )>



第四部:具体的な対策アイテムの紹介


サンシェードと窓用フィルム

車内温度を下げるための最も手軽なアイテムとして、サンシェードがあります。サンシェードをフロントガラスやリアガラスに取り付けることで、直射日光を遮り、車内の温度上昇を抑えることができます!!


また、窓用フィルムも効果的です☆ミこれらは紫外線をカットし

車内の温度を一定に保つことができるため、夏の暑さ対策には欠かせません!!



まとめと感想


車内の高温対策を怠ると、大きなトラブルを引き起こす可能性があります!

この記事で紹介した対策を参考にしていただき、快適で安全なドライブを楽しんでください^_^


 

カーリース スーパー乗るだけセット(車のサブスク)の詳細はコチラをチェック✓


メールでのお問い合わせはコチラをチェック✓


吉田自動車のコーポレートサイトはコチラをチェック✓


吉田自動車のグーグルマップはコチラをチェック✓


吉田自動車の公式X(旧Twitter)はコチラをチェック✓


吉田自動車の公式Instagramはコチラをチェック✓


吉田自動車公式Facebookはコチラをチェック✓

 

感想とこれからの対策

今後も皆様がお客様が安全にドライブを楽しめるよう、さまざまなアドバイスやサービスを提供しています!!


最後までご覧いただきありがとうございます! !

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page