top of page
  • mailadm9

【車庫証明標章ステッカー廃止!その背景と影響】|所沢市 吉田自動車


こんにちは!吉田自動車です!


check✔



今日は、2023年12月21日に警察庁から発表された


車庫証明標章ステッカー廃止

について詳しくお伝えします。


このニュースは、車の保有者の方にとって大きな変化となります。




【車庫証明標章とは?】

車庫証明標章は、車の保管場所を届け出た際に警察から交付される円型のステッカーです。



車の後面ガラスに貼ることが義務付けられていました。


これは「自動車の保管場所の確保等に関する法律」(車庫法)に

基づくもので、道路上の無秩序な駐車を防ぐための制度です。



【廃止の背景】

現在、警察ではナンバープレートから所有者や保管場所の情報を照会できるシステムを導入しており、ステッカーによる確認の必要性が低下しています。


また、ステッカーの経年劣化や剥がれ、窓ガラスに残る跡などが利用者にとって不便であったことも、廃止の理由の一つです。





☆オススメブログ☆






【廃止によるメリット】

ステッカー廃止によるメリットとしては、まずステッカーの貼付や交換の手間が省けることが挙げられます。


これにより、車の見た目がスッキリし、

またステッカー交付のための手数料(約500~550円)

が不要となり、利用者の負担軽減に繋がります。




【車庫証明制度の継続】

重要な点として

車庫証明制度自体は廃止されません。


引き続き、新車購入時や引っ越しで駐車場所が変わる際には車庫証明の手続きが必要です。ステッカーの貼り付けは不要になりますが、法律に基づく保管場所の届出は変わらず重要です。




【今後の動向】

警察庁は、2024年の通常国会に車庫法の改正案を提出する予定です。この改正案は、私たち自動車ユーザーにとって非常に重要な意味を持ちます。今後の動向に注目し、適切に対応することが求められます。



【まとめ】

車庫証明標章ステッカーの廃止は、利用者にとって便利さをもたらしますが、車庫証明の手続きへの注意は依然として必要です。


この記事が、皆様の理解の一助となれば幸いです。

車の保有者の皆様、今後も車庫法に則った適切な対応をお願いいたします。





カーリース スーパー乗るだけセット(車のサブスク)の詳細はコチラをチェック💁‍♂️


メールでのお問い合わせはコチラ💁‍♀️


吉田自動車のコーポレートサイトはコチラ💁


吉田自動車のグーグルマップはコチラ💁‍♂️


閲覧数:43回0件のコメント

Comments


bottom of page