top of page
  • mailadm9

【Pop’n 劇場】-有料版 Chat GPTに色々聞いてみた-|所沢市 吉田自動車

更新日:2023年12月27日


こんにちは!吉田自動車です!


heck✔


AI技術が進化している中で、有料版ChatGPTを試してみました。


ただの質問ではなく、ちょっと変わった、笑える質問をしてみたんです!AIのユーモアセンスもテスト🤓


このブログでは

そんなユニークな体験を皆さんと共有したいと思います。


※以下に掲載されているチャットGPTが作った文章には、一切手を加えていません。

書かれた文章をそのまま掲載しています😮😮


今回のテーマは

そらまめと小豆のバトルを書いて下さい

と、質問しました😂

タイトル: 「豆々大戦争 - そらまめ VS 小豆」 第1ラウンド: 豆の王国、開戦の序章

かつて平和だった豆の王国に、争いの火種が灯った。勇敢で堂々としたそらまめと、甘くて繊細な小豆。二つの豆族は、どちらが豆の王国を代表するかを巡り、対立が始まった。

第2ラウンド: そらまめの戦略

そらまめはその大きさと強さを活かし、力強いアピールを開始。彼らは、「私たちはサラダやスープ、さらにはおつまみとしても完璧!多様性と実用性では、我々が一番だ!」と主張した。

第3ラウンド: 小豆の反撃

小豆は甘さと繊細さを武器に反撃に出る。「私たちは和菓子の心!あんこやお汁粉に欠かせない存在。心を癒す甘さで、人々の心に深く根付いている」と、彼らは主張した。

第4ラウンド: 争いの高まり

両者の主張は激しさを増し、豆の王国全体がその熱狂に包まれた。そらまめは力強さを、小豆は繊細な味わいを訴え、王国の民は分裂していった。

第5ラウンド: 王国の決断

王国の長老たちは、この争いを終わらせるために、最終的な試合を提案した。それは、王国の民全員が参加する大規模な料理大会だった。どちらの豆を使った料理がより多くの人々に愛されるかで、勝者を決めるというもの。

最終ラウンド: 豆々の共存

料理大会の日、様々な豆料理が並んだ。力強いそらまめの料理と、甘く優しい小豆の料理。参加者たちは一つ一つの料理を味わい、驚いた。どちらの豆もそれぞれに美味しく、特別な存在であることを認識したのだ。

エピローグ: 豆々の和解

結局、料理大会では勝者を決めることができず、そらまめと小豆は互いの価値を認め合い、和解した。豆の王国には再び平和が戻り、そらまめも小豆も、それぞれの個性を活かして人々に喜びを届けることに専念するようになった。この物語は、豆の王国の中で語り継がれ、異なる存在が共存し、互いを尊重する大切さを伝え続けていくのであった。


有料版ChatGPTを使ってみた結果、ただの質問だけでなく、ユーモラスな内容にもしっかりと対応してくれることが分かりました。


こんな面白くてクリエイティブな文章も作れるなんて、正直驚きです。AIの可能性はまだまだ広がっているようで、これからも色々な使い方を試してみたいと思います!




カーリース スーパー乗るだけセット(車のサブスク)の詳細はコチラをチェック💁‍♂️


メールでのお問い合わせはコチラ💁‍♀️


吉田自動車のコーポレートサイトはコチラ💁


吉田自動車のグーグルマップはコチラ💁‍♂️



閲覧数:15回
bottom of page