top of page
  • mailadm9

【ガス欠で反則金!?高速道路での対策と予防法】|所沢市 吉田自動車



こんにちは!吉田自動車の広報です!


今日は、私たちが普段の運転で気を付けなければならない

「ガス欠」

についてお話ししたいと思います⛽


 

check✔

(クリックすると吉田自動車にできることがありますので是非ご覧ください)



 


第一部:ガス欠が起こりやすい状況とその原因


ガス欠とは何か?

ガス欠とは、車の燃料が切れてしまい、エンジンが動かなくなる状態のことです。

通常、ガソリンメーターを確認しながら運転することでガス欠を防ぐことができますが、様々な要因が重なるとガス欠に陥ることがあります...('ω';ノ)ノ


詳しく見ていきましょう!



ガス欠が起こりやすい状況

1. 長距離ドライブ中

長距離ドライブでは、ガソリンスタンドの位置を把握しづらいため、ガス欠になりやすいです。全てのサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)にガソリンスタンドがあるわけではありません。事前にルートを確認し、ガソリンスタンドの場所を把握しておくことが重要です☝


2. 高速道路での運転

高速道路では、ガソリン消費量が増えるため、思った以上に早くガソリンが減ってしまうことがあります。また、高速道路上での停車は非常に危険であり、ガス欠を起こすと重大な事故につながる可能性があります!そのため、高速道路を走る前にはガソリンを満タンにしておくことが大切です!


3. 市街地での渋滞中

市街地の渋滞中もガス欠になりやすい状況の一つです。アイドリング状態が続くとガソリンが消費され続け、思った以上にガソリンが減ることがあります。渋滞が予想される場合は、事前にガソリンを補充しておくことが安全です!



ガス欠の原因

1. ガソリンメーターの誤表示

ガソリンメーターが正確に表示されないことがあります。特に古い車やメーターの故障がある場合、正確なガソリン残量を把握できずにガス欠になることがあります。

定期的なメンテナンスを行い、メーターの状態をチェックすることが重要です✓


2. ガソリンスタンドの見逃し

ガソリンスタンドを見逃してしまうこともガス欠の原因となります。特に慣れない道や夜間の運転では、ガソリンスタンドの看板を見逃すことが多いです。ルートを事前に確認し、余裕を持ってガソリンを補充することが大切です。


3. ガソリンの節約意識

ガソリン代を節約しようと、ギリギリまで給油を控えることもガス欠の原因となります。燃費を気にすることは重要ですが、安全を最優先に考え、早めの給油を心がけましょう^_^



第二部:高速道路でのガス欠によるリスクと反則金について


高速道路でのガス欠が危険な理由

高速道路でのガス欠は非常に危険です。高速道路上では、車両が高速で走行しているため、予期せぬ停車は重大な事故につながるリスクがあります。


1. 高速走行中の突発的な停車

高速道路では車両が高速で移動しているため、ガス欠による突発的な停車は後続車との衝突事故を引き起こす可能性があります。特に、夜間や悪天候時には視界が悪くなり、後続車が停車した車両に気付くのが遅れることがあります > <


2. 路肩の停車による二次災害

ガス欠でやむを得ず路肩に停車する場合、路肩は緊急車両や故障車両のために確保されているスペースです。ここに停車することで、他の緊急車両や故障車両が適切に対応できなくなる可能性があります。また、路肩に停車している車両が他の車両に衝突されるリスクも高まります。


3. 道路交通の混乱

高速道路上でガス欠により停車すると、他の車両の流れを妨げることになり、交通の混乱を引き起こします。これにより、渋滞や二次的な事故が発生するリスクも高まります。



高速道路でのガス欠に対する法律と反則金

高速道路上でのガス欠は、「高速自動車国道等運転者厳守事項」に違反する行為とみなされ、厳しい取り締まりの対象となります。


1. 反則金の金額

高速道路でガス欠を起こすと、以下のような反則金が科されます

普通車:9000円

二輪車:7000円

大型車:12000円


2. 違反点数

ガス欠による違反点数は2点です。この違反点数は、運転免許の更新や保険の更新に影響を及ぼす可能性があります。また、違反点数が累積すると、免許停止や取り消しのリスクもあります *_*



高速道路でのガス欠を避けるための対策

1. 出発前のチェック

長距離ドライブや高速道路を利用する前には、必ずガソリンを満タンにしておくことが基本です。出発前にガソリン残量を確認し、不足している場合は早めに補充しましょう。


2. SA・PAの確認

高速道路を利用する際には、事前にルート上のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)の場所を確認しておくことが重要です。これにより、ガソリンスタンドの位置を把握し、適切なタイミングで給油することができます!✧


3. ガソリンスタンドの空白地帯に注意

高速道路上には、ガソリンスタンドがない「空白地帯」が存在することがあります。特に100km以上ガソリンスタンドがない区間では、事前に給油することが不可欠です。計画的に給油を行い、ガソリン残量を常に十分に保つように心掛けましょう♪



第三部:ガス欠を防ぐための具体的な対策と注意点


ガス欠を防ぐための基本的な対策

ガス欠を防ぐためには、日常的な運転において注意すべき点や、計画的な行動が重要です。以下に、具体的な対策と注意点をいくつかご紹介します。


1. 定期的なガソリン残量の確認

普段からガソリンメーターをチェックし、残量が少なくなったら早めに給油する習慣をつけましょう。特に長距離ドライブや高速道路を利用する場合は、出発前にガソリンを満タンにしておくことが基本です。


2. ガソリンスタンドの位置を事前に確認

目的地までのルート上にあるガソリンスタンドの位置を事前に確認しておくことも大切です。これにより、計画的に給油でき、ガス欠のリスクを大幅に減らすことができます。


3. エコドライブの実践

エコドライブを心がけることで、燃費を改善し、ガソリンの消費を抑えることができます。急加速や急ブレーキを避け、一定の速度で走行することがエコドライブの基本です。



ガス欠を未然に防ぐためのツール


1. ガソリンスタンド検索アプリ

スマートフォン用のガソリンスタンド検索アプリを利用することで、現在地から最寄りのガソリンスタンドを簡単に検索できます!


2. 燃費計算アプリ

燃費計算アプリを利用することで、自分の車の燃費を把握し、ガソリン消費量を予測できます。これにより、ガス欠のリスクを減らすことができます!


3. カーナビの活用

最新のカーナビゲーションシステムでは、ガソリンスタンドの位置情報を提供する機能があります。目的地までのルートを設定する際に、ガソリンスタンドの位置も確認できるため、計画的な給油が可能です!



ガス欠のリスクを減らすための運転習慣


1. 定期的なメンテナンス

車の燃費を維持するためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。エンジンオイルの交換やタイヤの空気圧チェックなどを定期的に行い、車の状態を良好に保ちましょう。


2. 早めの給油

ガソリン残量が少なくなったら、早めに給油する習慣をつけましょう。ガソリンメーターが1/4以下になったら給油することを目安にすると良いでしょう。


3. 無理な運転を避ける

無理な長距離ドライブや高速道路での長時間の運転は、ガソリン消費量が増えるため、ガス欠のリスクが高まります。計画的に休憩を取り、適度なペースで運転することが大切です。



第四部:ガス欠を起こしてしまった場合の対処方法


ガス欠を起こしてしまった場合の基本的な対処法


1. 安全な場所に停車

まず、ガス欠に気付いたらできるだけ安全な場所に車を停車させます。高速道路上であれば、路肩や非常駐車帯に車を移動させることが重要です。ハザードランプを点灯させ、他の車両に自分の存在を知らせましょう。


2. 速やかに道路外へ移動

可能であれば、速やかに車を道路外へ移動させます。これにより、後続車との衝突リスクを減らすことができます。高速道路上では非常駐車帯やサービスエリア(SA)を目指しましょう。


3. 緊急連絡先に連絡

安全な場所に停車したら、すぐに緊急連絡先に連絡します。高速道路上であれば、道路緊急ダイヤル「#9910」に電話をかけましょう!



高速道路でのガス欠時の具体的な対応策


1. 路肩に停車

高速道路上でガス欠を起こした場合、まず路肩に停車します。ハザードランプを点灯させ、三角表示板を設置して他の車両に注意を促します。三角表示板は車の後方200m以上の距離に設置することが推奨されています。


2. ガソリン補給の手配

ガス欠を起こした場所がサービスエリアやパーキングエリアに近い場合は、徒歩でガソリンスタンドまで行き、ガソリンを補給する方法があります。ただし、歩いて移動する際は安全を最優先に考え、反射ベストなどを着用して他の車両に自分の存在を知らせましょう!!


3. レッカーサービスの利用

ガソリンスタンドが遠い場合や徒歩で移動するのが困難な場合は、レッカーサービスを利用します。自動車保険に加入している場合、保険会社が提供するロードサービスを利用することができます。保険証書に記載された緊急連絡先に連絡し、レッカーサービスを手配しましょう。



まとめと感想


ガス欠のリスクや対策についてでした!

普段からガソリン残量に注意し、計画的に給油することでガス欠を防ぐことができますが、万が一の事態にも冷静に対処するための知識を持つことが大切です!☆彡


私自身もぎりぎりまで給油しないので、しっかりと見直す良い機会となりました!


特に、高速道路でのガス欠がどれほど危険であるかを知り、今後の運転には一層の注意を払おうと思います!!


 

カーリース スーパー乗るだけセット(車のサブスク)の詳細はコチラをチェック✓


メールでのお問い合わせはコチラをチェック✓


吉田自動車のコーポレートサイトはコチラをチェック✓


吉田自動車のグーグルマップはコチラをチェック✓


吉田自動車の公式X(旧Twitter)はコチラをチェック✓


吉田自動車の公式Instagramはコチラをチェック✓


吉田自動車公式Facebookはコチラをチェック✓

 

感想

皆さんも、この記事を参考にして、安全で快適なドライブを楽しんでくださいね。ガス欠を未然に防ぐための知識と対策を身につけ、安心して運転できるよう心掛けましょう!!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page