top of page
  • mailadm9

【熱い車内を快適に保つための効果的な暑さ対策アイテム】|所沢市 吉田自動車

更新日:6月19日



こんにちは!吉田自動車の広報担当です!


皆さん、夏の暑い日、車内がまるでサウナのように感じたことはありませんか?特に駐車中に直射日光を浴びた車は、乗り込んだ瞬間にその暑さに驚くことが多いですよね。そんな時、少しでも車内を涼しく保つための工夫が必要です!


このブログでは、車の暑さ対策について詳しくお伝えします!初心者の方でも分かりやすく、具体的な製品名やその使い方を交えてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!そして、快適な夏のドライブを楽しんでくださいね!


 

check✔

(クリックすると吉田自動車にできることがありますので是非ご覧ください)



 

第一部: 車の暑さ対策の基本




車の暑さ対策とは?

車の暑さ対策とは、車内温度を下げるためのさまざまな方法やアイテムを使って、乗車時の快適さを保つことを指します。特に夏場、直射日光によって車内が急激に暑くなることが多いため、適切な対策を講じることが重要です!!車内の温度が高いと、運転に集中できず、安全面にも影響が出る可能性があります。ここでは、車内温度を効果的に下げるための基本的な対策をご紹介します!


1.サンシェードの使用

まず、車内の温度上昇を防ぐための基本的な方法として「サンシェード」の利用があります。サンシェードは、フロントガラスに取り付けることで直射日光を遮り、車内の温度上昇を抑える役割を果たします!



2.窓用カーテンの活用

窓用カーテンも効果的です。特に後部座席の窓に取り付けることで、直射日光をカットし、車内の温度を低く保つことができます !


3. 車内換気の重要性

車内の空気を循環させることも重要です。エンジンをかける前にドアを開けて換気することで、車内にこもった熱気を外に逃がすことができます!


Francfrancなどの小型扇風機を使うことで、さらに効果的に換気ができます。この製品はUSBで充電でき、エアコンの効率も上げるため、エコな選択です!


4. シートカバーの選択

シートの素材も重要です。レザーシートは熱を吸収しやすいですが、「クールマックス」素材のシートカバーを使うことで、触れた時のひんやり感を得られます🌬


5. 断熱フィルムの貼付け

最後に、窓ガラスに断熱フィルムを貼る方法もあります。断熱フィルムは紫外線をカットし、車内の温度上昇を抑える効果があります!



第二部:効果的な車内暑さ対策



1. 窓を少し開けて換気する

駐車中や走行中に窓を少し開けて換気することで、車内の温度を下げることができます。特に、駐車中に直射日光が当たる場所では、窓を数センチ開けておくだけで、熱気がこもりにくくなります。ただし、防犯面には注意し、あまり大きく開けすぎないようにしましょう!


2. 車内を日陰に停める

駐車場所を選ぶ際には、できるだけ日陰を選びましょう。木陰や建物の影に駐車することで、直射日光を避け、車内の温度上昇を抑えることができます。また、地下駐車場や立体駐車場など、屋根付きの駐車場を利用することも効果的です。これにより、車内の温度を一定に保つことができます。


3. 車の扉を全開にして空気を入れ替える

車内に乗り込む前に、すべての扉を全開にして空気を入れ替えると、車内の熱気が一気に排出されます。特に、駐車後すぐに乗り込む際には、この方法を試してみてください。数分間扉を開けておくだけで、車内の温度がかなり下がります。


第三部:効果的な車内暑さ対策アイテム




1. 冷感シートカバー

暑い夏にシートが熱くなるのを防ぐために、冷感シートカバーを使用するのがおすすめです!「クールマックス シートカバー」は通気性が良く、座るとひんやりとした感触が得られます。特に長時間のドライブには快適さを提供し、簡単に取り外して洗濯できるので清潔に保つこともできます!


2. ポータブルエアコン

車内全体を涼しく保つために、ポータブルエアコンが非常に役立ちます。「イーレックス ポータブルエアコン」はコンパクトで持ち運びやすく、シガーソケットから電源を取ることができます。高い冷却能力を持ちながら、省エネ設計でバッテリーへの負担も少なく、安心して使用できます!


3. クーラーボックス

冷たい飲み物や食べ物を保つために、クーラーボックスを利用するのも一つの手です!「イグルー クーラーボックス」は高い断熱性能を持ち、氷を長時間保つことができるため、夏のドライブに最適です❄キャンプなどでも活用ができますね!


4. 冷却ジェルパッド

車内の暑さを和らげるために、冷却ジェルパッドを使用することも効果的です。「クールジェルパッド」は座席や背もたれに敷くだけで、冷たさを感じられます!特に、直射日光が当たる部分に使用することで、快適な温度を保つことができます!


5. 車用ミストファン

ミストファンは、冷たいミストを放出して車内を瞬時に冷やす効果があります。


6. UVカットスプレー

車内のインテリアや小物を守るために、UVカットスプレーの使用が効果的です。「プロテクトガードUVカットスプレー」はダッシュボードやシート、ステアリングホイールなどの日焼けによる劣化を防ぐために役立ちます。スプレーするだけで簡単にUVカット効果を得られるので、手軽に使えます!


これらのアイテムを活用することで、車内の暑さ対策がさらに充実します。



第四部: 最新の暑さ対策アイテムと技術


1. クールシート

まず、具体的な製品のレビューとして、「クールエアシート」をご紹介します。このシートは、車のシガーソケットから電源を取ることで、シート全体に風を送り出し、涼しさを提供します。取り付けも簡単で、夏の長距離ドライブに最適です。ユーザーからも、「長時間のドライブでも快適に過ごせる」と高評価を得ています!!


2. ポータブルエアコン

次に、「 ポータブルエアコン」をご紹介します。この製品はコンパクトながら高い冷却能力を持ち、車内全体を冷やすことができます。シガーソケットから電源を取ることができ、省エネ設計でバッテリーへの負担も少ないです。また、持ち運びも簡単なので、車外でも使用できる点が魅力です!


3. フレグランス

夏の暑さ対策には、車内の香りも重要ですよね?フレグランスは、涼しさを感じさせるミントの香りなど、車内を爽やかにするフレグランスも良いと思います。エアコンの風と共に香りが広がり、より快適な車内環境を作り出します。


4. 断熱スプレー

車の外装や内装に使用できる断熱スプレーも非常に効果的です。このスプレーを使用することで、直射日光による熱の吸収を抑え、車内の温度上昇を防ぐことができます。特に、ダッシュボードやシートにスプレーすると効果が高いです。


5. サーキュレーター

最後に、車内の空気を循環させるためのサーキュレーター「エアフローサーキュレーター」をご紹介します。この製品は、車内の空気を効率的に循環させることで、エアコンの冷気を全体に広げ、均一な温度を保つことができます。取り付けも簡単で、特に後部座席の快適さを向上させるのに役立ちます。

 

お車についてはすべて吉田自動車にお任せください!



吉田自動車の公式X(旧Twitter)はコチラ↓


吉田自動車の公式Instagramはコチラ↓


カーリース スーパー乗るだけセット(車のサブスク)の詳細はコチラをチェック↓


メールでのお問い合わせはコチラ↓


吉田自動車のコーポレートサイトはコチラ↓


吉田自動車のグーグルマップはコチラ↓


 

まとめと感想



1. 車内の暑さ対策のポイント

これまでの各部でご紹介したように、車内の暑さ対策にはさまざまな方法があります。サンシェードや窓用カーテン、冷感クッションやポータブルエアコンなど、基本的なアイテムから高度な対策まで、さまざまな手段を組み合わせることで、効果的に車内を涼しく保つことができます!


2. 実際に使ってみて

実際にこれらの製品や方法を使ってみると、驚くほど効果を実感できるはずです‼例えば、私も「クールエアシート」を使用していますが、長時間のドライブでも快適に過ごすことができるため、快適で楽しくなりました♪ また、サンシェードや窓用カーテンを活用することで、車内の温度上昇を抑え、エアコンの使用頻度を減らすことができますよ!!



3.最後に

暑い夏でも快適に過ごせる車内環境を作るためには、ちょっとした工夫とアイテムの導入が大切です。今回ご紹介した方法や製品を参考にしていただき、楽しい夏のドライブを満喫してください!! もし何かご質問やご相談がございましたら、いつでも吉田自動車にご連絡ください。私たちが全力でサポートいたします!!!


以上、吉田自動車の広報担当でした!

車内の暑さ対策をしっかりと行って、快適な夏を過ごしてください!


閲覧数:22回0件のコメント

Comments


bottom of page