top of page
  • mailadm9

【ブラックアイスバーンとは?冬のドライブ安全対策】|所沢市 吉田自動車

更新日:1月30日


こんにちは!吉田自動車です!



ブラックアイスバーンは

これからの時期の運転において最も注意が必要な路面状況の1つです 🌬



ブラックアイスバーンについて

詳しく解説していきます !!





【ブラックアイスバーンの特徴】

ブラックアイスバーンは、路面に薄い氷の幕が張り、アスファルトが黒く濡れているように見える状態を指します。氷が薄いため、一見すると単に濡れた路面のように見えますが、実際には非常に滑りやすい状態です🏂🏻



【アイスバーンとブラックアイスバーンの違い】

アイスバーンは、積雪した路面が凍った状態を指します


一方、ブラックアイスバーンは薄い氷の膜が張った状態で、アスファルトが黒く濡れているように見えます。この見た目が危険性を増大させる要因です。




【発生しやすい時間帯】

ブラックアイスバーンは、特に🌜夜間や早朝🌞に発生しやすいです。これは、気温が下がり、路面が見えにくくなるためです。気温が0℃近くになると、水が凍結し、ブラックアイスバーンが形成される可能性が高まります ⤴⤴



【発生しやすい場所】

特に橋の上やトンネルの出入口、日陰になっている場所で発生しやすくなります。これらの場所は、気温が低くなりやすいため、他の場所よりも凍結しやすいのです🌡


★一押しブログ★




【気温との関係】

気温が0℃以下になると、路面凍結の可能性が高まりますしかし、夏の気温が高くても、直射日光によりアスファルト路面の温度が60℃以上に達することがあります。同様に、冬でも日光が当たる場所では路面温度が上がり、凍結しにくくなります。しかし、夜間や降雪時には、気温より路面温度の方が低くなり、凍結しやすくなります。



【安全な運転方法】

速度の低下

スリップのリスクを減らすために、速度を落としましょう。


車間距離の確保

スリップしても他車に衝突しないように、車間距離を十分に取りましょう。


急な操作の避ける

急ブレーキ、急発進、急旋回はスリップの原因になります。ブレーキは手前から少しずつかけ、下り坂ではエンジンブレーキを使用しましょう


タイヤの滑りに対する対処法

タイヤが滑り出した場合は、慌てずにブレーキを踏み、ハンドル操作を最小限に抑えてください。


スタッドレスタイヤの装着

スタッドレスタイヤはノーマルタイヤよりも滑りにくく、安全な運転に寄与します。




冬の路面は予測不可能な状況が多く、ブラックアイスバーンはその中でも特に注意が必要です。安全運転で、冬の道路を安心して走りましょう🚗❄




私たちはお客様の車が最良のコンディションであることを保証し、安全な運転環境の提供に努めます。もし何かご心配事があれば、いつでもお気軽にご相談ください!




カーリース スーパー乗るだけセット(車のサブスク)の詳細はコチラをチェック💁‍♂️


メールでのお問い合わせはコチラ💁‍♀️


吉田自動車のコーポレートサイトはコチラ💁


吉田自動車のグーグルマップはコチラ💁‍♂️

閲覧数:34回0件のコメント

Kommentare


bottom of page