top of page
  • mailadm9

【冬の道も安心!車の冬支度と安全運転 7つの対策】|所沢市 吉田自動車


こんにちは!吉田自動車です!


今回は、車の冬支度から、雨や雪の日の運転のコツなど

冬のドライビングを安全にするためのポイントをご紹介します!



【備えておくべき7つの対策】



1. 寒さに弱いバッテリーをチェック


寒い季節は、特に旧型または劣化したバッテリーにとって大敵です。低温下では化学反応が鈍くなり、エンジンスタートに必要なパワーが供給できない可能性が高まります。2年から3年毎の点検および交換が理想的です。




2. 雪道や凍結路に備えてスタッドレスタイヤやチェーンを用意



スタッドレスタイヤへの交換をお忘れなく!

溝の深さやゴムの硬さを確認し、必要であれば新しいものに交換してください👉🏻




3. 負荷のかかりやすいエンジンオイル・冷却水をチェック


気温が低下するとオイルの粘度が上がり、エンジンへの負担が大きくなります。適切な量と状態のオイルと冷却水は、エンジンを保護し、故障を防ぎます。



★一押しブログ★





4. 雪や氷への対策として解氷剤などを用意


フロントガラスやサイドミラーに付着した霜や氷を簡単に取り除ける解氷剤は、冬の必需品です。また、凍結路面に対応するための道具も準備しておきましょう。




5.冬でも凍りにくいウィンドーウォッシャー液に


低温でも凍りにくい冬用ウィンドウウォッシャー液に切り替えることで、視界を確保することができます。



6. 悪天候でも視界を確保する冬用ワイパーに交換


一般的なワイパーよりも耐冬性能に優れた冬用ワイパーへの交換を検討してください。これにより、視界を確保しやすくなります。



7.万が一に備えてブースターケーブルを用意


バッテリー上がりの際には、ブースターケーブルやバッテリーチャージャーが大変役立ちます。他の車のバッテリーを利用してエンジンをスタートさせることができるので、万が一の時のために積んでおくことを推奨します🚛






【雨や雪の日は車がスリップしやすい原因とは?】


原因1:ハイドロプレーニング現象

タイヤと路面の間に水が入り込むことによって、車の制御が効かなくなる現象


原因2:雪道や凍結した路面

雪や氷は摩擦が少なく、車がスリップしやすい状態を作り出します。


原因3:砂や土が多い路面

これらは排水性を低下させ、車のグリップ力を損なわせます。





【雨や雪で車がスリップしたときの対処法】


対処法1:パニックにならず、冷静にハンドルを保持する

スリップしたときは慌てず、穏やかなハンドル操作を心がけましょう。


対処法2:急な操作を避ける

急ブレーキや急アクセルはスリップを悪化させる原因になります。


対処法3:ハンドルはゆっくりと戻す

スピンを防ぐため、ハンドルはゆっくりと元に戻しましょう。



最後までご覧いただきありがとうございました!


雪の降る前に自動車の準備をし、雪や雨の日の運転には特別な注意を払いましょう。事故のリスクを減らし、皆様が安全であるように心がけてくださいね





カーリース スーパー乗るだけセット(車のサブスク)の詳細はコチラをチェック💁‍♂️


メールでのお問い合わせはコチラ💁‍♀️


吉田自動車のコーポレートサイトはコチラ💁


吉田自動車のグーグルマップはコチラ💁‍♂️


閲覧数:23回

Comments


bottom of page